インフルエンザに気をつけよう! 数学の公式・定理集あります。物理のヒント集もあります。
スポンサーリンク

運用力を鍛える英文法基礎【第5回】

運用力を鍛える英文法基礎英文法

大学別の個別試験、いわゆる2次試験では、いくら知識があっても、その運用力がなければ上手くいきません。応用力のある人は、知識を適切に運用できます。たくさんの知識を蓄え、それを適切に運用できる応用力のある人になろう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

文法的に誤りのある英文を訂正してみよう

次の英文は、問題のない英文に見えます。しかし、文法的な誤りがあります。どこに文法的な誤りがあるのか分かるでしょうか。また、文法的に正しい英文に訂正できるでしょうか。

問5 日本語訳を参考に、次の英文の文法的な誤りを直しなさい。
One of the girls helped my son, so I gave a candy. (※文法的な誤りがあります)
「女の子の一人が息子を手伝ってくれたので、キャンディーをあげた」

誤文訂正に必要な知識

少なくともこの問題を解くのに必要な知識は以下の通りです。

  • 目的語を2つとる動詞
  • give型の動詞
  • buy型の動詞

目的語を2つとる動詞

第4文型(SVOiOd)

「私は彼にそれを説明した」という意味を表す英文を考えてみましょう。

I explained it to him.
「私は彼にそれを説明した」

I / explained / it / ( to him ).
「私は / (彼に) / それを / 説明した」

S+Vt+O+(M):第3文型(SVO)
主語(S):I
述語動詞(Vt):explained
目的語(O):it
副詞的修飾句(M):to him

上の例文は、第3文型(SVO)の英文です。日本語訳から考えると、「彼に」と「それを」の2つは目的語(O)と考えられます。しかし、第3文型(SVO)をとる動詞は、目的語(O)を1つしかとらない他動詞(Vt)です。

例文の「explain」もその1つで、「A(人)にBを~する」という意味になりますが、Aを目的語にとらない動詞です。間違いやすいので注意しましょう。

第4文型(SVOO)の形をとらない注意すべき動詞
admit(認める)explain(説明する)introduce(紹介する)
say(言う)suggest(提案する)confess(告白する)

「~を」にあたる目的語(O)だけをとる述語動詞(V)であれば、「彼に」という意味の語句を副詞的修飾句「to him」の形で補うしかありません。

それに対して第4文型では、「~に」「~を」を順に2つの目的語(O)を並べてSVOOという文型をとります。つまり、第4文型の述語動詞(V)となる動詞は、2つの目的語(O)をとります。なお、この動詞のことを授与動詞と言います。

第4文型(SVOO)をとる動詞は、他動詞(Vt)で、2つの目的語(O)を2つとる。

2つの目的語

第4文型における2つの目的語(O)は、名詞やそれに相当する語句です。文法書によっては、2つの目的語を区別するために、SVOiOdと表記されます。

「~に」にあたる1番目の目的語は間接目的語(Oi)と言われます。また、「~を」にあたる2番目の目的語は直接目的語(Od)と言われます。一般に「Oi=人」「Od=物」となることが多いです。

このような第4文型(SVOiOd)をとる英文は、「SはOiにOdをVする」という意味を表します。

第4文型
S+Vt+Oi+Od
:「SはOiにOdをVする」
Oi:間接目的語(indirect object)、一般に人
Od:直接目的語(direct object)、一般に物

第4文型(SVOO)をとる動詞は、「~に」という意味の違いで分類されます。この違いは、第3文型(SVO)に言い換えると分かります。

give型の動詞

第4文型から第3文型(SVO)に言い換えたとき、「S+V+Od+to+Oi」という文型になる動詞があります。

このときの間接目的語(Oi)は、受領者(物を受け取る人)を表します。ですから、第3文型に言い換えると、「Oiに」にあたる部分が着点を表す「to」を用いて前置詞句「to+Oi」となります。

give型の動詞
「私は彼女にプレゼントをあげた」
a) I gave her a present.
b) I gave a present to her.

a) 第4文型:S+V+Oi+Od
b) 第3文型:S+V+Od+to+Oi

なお、第3文型に言い換えたときの前置詞句「to+Oi」は、述語動詞(V)を修飾する副詞的修飾句(M)となり、英文の要素になりません。

このような動詞の筆頭になるのが「give」です。この「give」と同じように言い換えできる動詞をまとめて「give型の動詞」と言います。

第3文型(SVO)にしたとき「to+Oi」をとる主な動詞
allot(割り当てる)award(与える)give(与える)
grant(かなえてやる)hand / pass(手渡す)lend(貸す)
offer(提供する)owe((お金を)借りている)pay(支払う)
sell(売る)send(送る)show(見せる)
teach(教える)tell(言う、伝える)write((手紙などを)書く)

上に挙げた動詞のうち下線の引かれたものは、この意味では原則として間接目的語(Oi)を省略できません。

間接目的語(Oi)を省略できない動詞
[誤] He gave a book.(直接目的語(Od)だけ)
[正] He gave me a book.
[正] He gave a book to me.

buy型の動詞

第4文型から第3文型(SVO)に言い換えたとき、「S+V+Od+for+Oi」という文型になる動詞があります。

このときの間接目的語(Oi)は、受益者(利益を受け取る人)を表します。ですから、第3文型に言い換えると、「Oiに」にあたる部分が「~のために」という意味を表す「for」を用いて前置詞句「for+Oi」となります。

buy型の動詞
「父は私に自転車を買ってくれた」
a) My father bought me a bike.
b) My father bought a bike for me.

a) 第4文型:S+V+Oi+Od
b) 第3文型:S+V+Od+for+Oi

このような動詞の筆頭になるのが「buy」です。この「buy」と同じように言い換えできる動詞をまとめて「buy型の動詞」と言います。

第3文型(SVO)にしたとき「for+Oi」をとる主な動詞
build(建てて(造って)あげる)buy(買う)call(呼んであげる)
choose(選ぶ)cook(料理する)find(見つける)
get(手に入れる)keep(取っておいてあげる)make(作ってあげる)
prepare(こしらえてあげる)save(とっておいてあげる)sing(歌う)
send(送る)show(見せる)他多数

give型かbuy型かに迷ったら

give型の動詞か、buy型の動詞かを見極める目安があります。第4文型から第3文型への言い換えに役立ちます。

buy型の動詞は、「(人)のために」の意味で用いられます。次のような目安で判断しましょう。

言い換えに困ったときの目安

  • 動作の相手を必要とする動詞:give型の動詞(toで言い換える)
  • 1人でできる動作を表す動詞:buy型の動詞(forで言い換える)

たとえば、「give him a bike」の場合、「自転車を与える」だけでは、だれに与えるのかが分からず、情報が足りません。ですから「give a bike to him」と言い換えます。

それに対して、「buy him a bike」の場合、「自転車を買う」は相手の情報を必ずしも必要とせず、これだけで完結します。ですから、「buy a bike for him」と言い換えます。

give型にもbuy型にも用いられる動詞

give型の動詞やbuy型の動詞は他にもあります。また、give型とbuy型の両方に言い換え可能な動詞もあったり、第3文型への言い換え不可の動詞もあったりします。動詞は英文の文型を決定する品詞なので、意味だけでなく、語法なども辞書や文法書で確認しましょう。

ここでは、give型とbuy型の両方に言い換え可能な動詞を挙げておきます。ただし、このような動詞を用いる場合、英文の意味に違いが出るので注意しましょう。

give型にもbuy型にも用いられる動詞①
a) Bring the chair to me.
「その椅子を私のいる所まで持ってきなさい」

b) Bring the chair for me.
「その椅子を私のために持ってきて下さい」

a)では単に場所を示すのに対して、b)では「私が座りたいから」の意味があります。着点を示す「to」と利益や恩恵を示す「for」の意味の違いが訳にも表れるということです。

give型にもbuy型にも用いられる動詞②
a) I left a letter for her on the desk.
「私は机の上に彼女あてに手紙を残しておいた

b) He left a great amount of money to his family.
「彼は家族に巨額の金を残して死んだ

動詞「leave」は、a)の「leave A for B」では「BにAを残しておく」の意味で用いられ、b)の「leave A to B」では「AをBに残して死ぬ」の意味で用いられています。「to B」と「for B」の両方への言い換えが可能であっても、相手に伝わるニュアンスは異なります。

「人」が先か「物」が先か

「(人)に(物)を~する」という場合、第3文型(SVO)でも第4文型(SVOO)でも表せます。一部の動詞を除いて、互いに言い換え可能な文型だからです。ただ、give型やbuy型などと使い分けが必要なので、何だか難しく感じます。わざわざ第3文型を使わずに、第4文型を使えば楽で良いのではないかと思うかもしれません。

どちらの文型で表すかは、状況によって異なります。「私はフレッドに自転車を貸してあげた」という英文を考えてみましょう。

「人」が先か「物」が先か①
①「私がフレッドに貸したのは、自転車だった」と言いたいとき
I lent Fred my bike.

①「私が自転車を貸した相手は、フレッドだった」と言いたいとき
I lent my bike to Fred.

英文では、旧情報新情報という2種類の情報があります。

旧情報は、文脈や状況から聞き手がすでに知っているものです。新情報は、聞き手が初めて知るものです。自然な文の流れでは、「旧情報は新情報よりも前」に出ているのが一般的な談話の構造です。なお、あえて強調するために新情報を旧情報よりも前に出すことがありますが、これは自然な文の流れとは考えません。

上の例文①,②では、下線部の「my bike」や「to Fred」が最も重要な情報、つまり新情報として扱われ、その部分を強く読みます。このように最も伝えたいこと(新情報)を最後に置けば、自然な英文になります。次の対話でも確認しましょう。

「人」が先か「物」が先か②
「自転車を誰に貸しましたか?」「フレッドです」
“Who did you lend your bike to ?” “I lend it to Fred

返答は「貸した相手はフレッドです」という意味です。「フレッドに」が重要な情報なので、例文②のように第3文型で言い表すのが適切です。対話の状況では、例文①は文法的な誤りがなくても、返答としては適切ではありません。

このような英文の談話の構造を知っておくと、読解や英作文など色んな場面でとても役立ちます。

自然な文の流れでは、「旧情報は新情報よりも前」
英和・和英見出項目数564万、無料版より120万も多い「英辞郎 on the WEB Pro」がおすすめ

予備知識を確認したので、英文の文法的な誤りを訂正してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました