インフルエンザに気をつけよう! 数学の公式・定理集あります。物理のヒント集もあります。
スポンサーリンク

運用力を鍛える英文法基礎【第7回】

運用力を鍛える英文法基礎英文法

大学別の個別試験、いわゆる2次試験では、いくら知識があっても、その運用力がなければ上手くいきません。応用力のある人は、知識を適切に運用できます。たくさんの知識を蓄え、それを適切に運用できる応用力のある人になろう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

文法的に誤りのある英文を訂正してみよう

次の英文は、問題のない英文に見えます。しかし、文法的な誤りがあります。どこに文法的な誤りがあるのか分かるでしょうか。また、文法的に正しい英文に訂正できるでしょうか。

問7 日本語訳を参考に、次の英文の文法的な誤りを直しなさい。
Nobody thinks that she is a doctor, but he believes to be true. (※文法的な誤りがあります)
「誰も彼女が医者だとは思っていないが、彼は本当だと信じている」

誤文訂正に必要な知識

少なくともこの問題を解くのに必要な知識は以下の通りです。

  • 第4文型(SVOO)と第5文型(SVOC)
  • 3種類の節
  • 小節の作り方

第4文型(SVOO)と第5文型(SVOC)

次の2つの英文について、文型の違いを説明できるでしょうか。

a) Jane sent him a letter.
「ジェーンは彼に手紙を送った」

b) We chose him captain.
「私たちは彼を主将に選んだ」

a)の英文は、第4文型(SVOO)の英文であるのに対して、b)の英文は、第5文型(SVOC)の英文です。

第4文型(SVOO)と第5文型(SVOC)は、述語動詞(V)以降の要素が異なるので、相手に伝わる意味に違いが出ます。第4文型(SVOO)の文は、「主語(S)が、人(Oi)や物(Od)に対して、何らかの動作(V)をする」という意味をもちます。ですから、間接か直接かの違いはあっても、2つの目的語(O)はともに動作(V)の対象です。

それに対して、第5文型(SVOC)の文は、「主語(S)が、人や物(O)の状態や動作(C)に対して、何らかの動作(V)をする」という意味をもちます。補語(C)は目的語(O)の状態や動作を説明しているので、意味の上では、目的語(O)と補語(C)には主述関係があると考えられます。ですから、述語動詞(V)の対象は、文型では目的語(O)ですが、意味の上では目的語(O)と補語(C)のカタマリと考えられます。このことは、第3文型(SVO)と第5文型(SVOC)の関係を知れば大まかに理解できるでしょう。

このような文型の意味が異なることを知っていると、要素の関係を理解しやすくなります。

述語動詞以降の要素の関係

2つの文型の違いを、述語動詞(V)のあとに続く2つの要素の関係で考えてみましょう。第4文型(SVOO)であれば2つの目的語(O)の関係、第5文型(SVOC)であれば目的語(O)補語(C)の関係です。

第4文型(SVOO)と第5文型(SVOC)では、次の関係がそれぞれ成り立ちます。

第4文型(SVOO)と第5文型(SVOC)の見分け方
第4文型(SVOO)では「Oi has Od」が成り立つ。
第5文型(SVOC)では「O is C」が成り立つ。

先ほどの例文で確認してみましょう。

a) Jane sent him a letter.
「ジェーンは彼に手紙を送った」

〇 He has a letter.
× He is a letter.
⇒a)は第4文型(SVOO)の英文

b) We chose him captain.
「私たちは彼を主将に選んだ」

× He has captain.
〇 He is captain.
⇒b)は第5文型(SVOC)の英文

補語(C)には、名詞や形容詞、それらに相当する語句が用いられます。ただ、b)のように、補語(C)に名詞が用いられると、第4文型(SVOO)との区別が難しくなります。ですから、見分け方を知っておくと重宝するでしょう。

第5文型(SVOC)をとる動詞

第5文型(SVOC)をとる動詞は、補語(C)が名詞や形容詞の場合、大まかにmake型とthink型の2種類に分類できます。

第5文型(SVOC)の形をとる動詞
make型think型
意味OをCの状態にするOをCと思う

make型の動詞は「OをCの状態にする」の意味で用いられます。think型の動詞は「OをCと思う」の意味で用いられます。直訳程度であれば、この意味で訳しても通じるでしょう。

他の文法書などではもっと細かく分類されているものもありますが、導入としては問題ないかと思います。make型とthink型の動詞の一例です。

第5文型(SVOC)の形をとる動詞(make型)
make / get(~にする)keep / leave(~のままにしておく)name(~と名付ける)
call(~と呼ぶ)choose / elect(~に選ぶ)appoint(~に任命する)
第5文型(SVOC)の形をとる動詞(think型)
think / suppose / consider(~と思う/考える)find(~とわかる/~だと思う)believe(~と信じる)

3種類の節

いくつかの語が集まって文の一部となるとともに、それ自体の中に「主語+述語」を備えているものをと言います。

単純に2つの節を接続詞でつないだ文であれば、節の見極めはそれほど難しくありません。しかし、たとえば目的語(O)などの文の要素として文中に埋め込まれると、見極めが難しくなります。

節は次の3種類に分類されます。believe以降の部分が埋め込まれた節です。

3種類の節
「私はその知らせが真実だと信じている」
a) I believe [ that the news is true ].
b) I believe [ the news to be true ].
c) I believe [ the news true ].

a) [ that the news is true ]=that節
b) [ the news to be true ]=不定詞節
c) [ the news true ]=小節

3つの例文は、主述関係のある節が、意味の上では述語動詞「believe」の目的語(O)である点は共通しています。ただ、意味の上で主述関係があるだけで、b)やc)の節には述語動詞(V)がないので、節と言うには少し無理があります。ですから、文型による分類は異なります。

a)の文型と要素
「私は【その知らせが真実だ】と信じている」
a) I believe [ that the news is true ].

[ that the news is true ]=that節

第3文型(SVO)
主語(S):I
述語動詞(V):believe
目的語(O):that the news is true

a)の節は、that節と言われます。thatは従位接続詞で、名詞節を作ります。文全体で第3文型(SVO)をとり、目的語(O)にthat節「that+第2文型(S’V’C’)」が埋め込まれています。

先ほどthat節を目的語(O)に埋め込んだと言いましたが、文の構造を考えると、主節「I belive (SV)」と従属節「the news is true (S’V’C’)」をつないでいると考えられます。ですから、thatは、接続詞の基本的な働きをきちんとこなしていると言えます。

他動詞に続くthat節=名詞節
b)の文型と要素
「私は【その知らせが真実だ】と信じている」
b) I believe [ the news to be true ].

[ the news to be true ]=不定詞節

第5文型(SVOC)
主語(S):I
述語動詞(V):believe
目的語(O):the news
補語(C):to be true (不定詞句)

b)の節は、that節から不定詞句を用いた形になったものです。文全体では第5文型(SVOC)で、補語(C)が不定詞句「to be C’」です。文法書によっては、文型の記載がなく単に「SVO+to be C」の形と紹介されます。

that節と不定詞節「O+to be C」の言い換えは基本的に可能です。ただし、受動態以外ではthat節の方が口語調で好まれるようです。また、一般動詞を用いた不定詞節「O+to 動詞の原形」との言い換えは、述語動詞(V)によってできるものとできないものがあり、注意が必要です。

c)の文型と要素
「私は【その知らせが真実だ】と信じている」
c) I believe [ the news true ].

c) [ the news true ]=小節

第5文型(SVOC)
主語(S):I
述語動詞(V):believe
目的語(O):the news
補語(C):true

c)の節は、b)の不定詞節から「to be」を省略したもので、小節と呼ばれます。文法書によっては紹介されていないものもあります。文全体では第5文型(SVOC)に分類されます。

3つの例文から分かるように、第5文型(SVOC)を、第3文型(SVO)から派生した文型と捉えると、b)やc)の文をa)と同じ要領で訳せるでしょう。

「SVO+to be C」と「SVO+that節」をとる動詞

that節を用いたa)や、不定詞節を用いたb)の表現が可能な動詞には、以下のようなものがあります。「to be」を省略した小節を用いるc)の表現は、動詞によってできる、できないがあります。

ただし、不定詞節から小節への言い換えに明確なルールはなく、習慣として「to be」を省略しないか、あるいは省略しないことが多い動詞は存在するようです。迷ったときは、辞書などで例文を参考にした方が良いでしょう。

「SVO+to be C」と「SVO+that節」をとる動詞
assume(~と考える)believe(~と思う)consider(~と考える)
declare(言明する)fancy(~と思う)find(~だと分かる)
hold(~と思う)presume(推定する)prove(立証する)
report(報告する)suppose(~と思う)think(~と思う)
assert(断言する)conclude(断定する)deny(否定する)
discover(気づく)guess(推測する)know(知っている)
recognize(認める)show(明らかにする)suspect(思う)

下線を引いたものは、「to be」を省略できないか、あるいは省略しないことが多いものです。

3種類の節による意味の違い

次の文の意味に違いがあるのかを考えてみましょう。

3種類の節による意味の違い①

a) I find [ that this book is interesting ].
b) I find [ this book to be interesting ].
c) I find [ this book interesting ].

3つの文は、それぞれthat節・不定詞節・小節を用いた文です。どれも「その本は面白いと分かる」という内容で、ほとんど同じ意味になります。「ほとんど」と言うくらいなので、細かいニュアンスはやはり異なります。

3つの文の違いと言えば、述語動詞(V)「find」の意味上の目的語(O)が、a)ではthat節、b)では不定詞節、c)では小節であることです。これがニュアンスの違いに関わってきます。

3種類の節による意味の違い②

a) I find [ that this book is interesting ].
「この本が面白いということが分かる」(客観的な事実)

c) I find [ this book interesting ].
「この本は面白いと思う」(主観的な判断)

ニュアンスの違いは、that節であれば客観的な事実となるのに対して、小節であれば主観的な判断となります。不定詞節であれば、that節と小節の間のニュアンスになります。

先ほど「to be」を省略できないか、あるいは省略しないことが多い動詞を紹介しましたが、もしかするとニュアンスの違いも影響しているのかもしれません。言い換えが可能であっても伝えたいニュアンスが変わるので、状況に応じて3種類の節を使い分けた方が良いでしょう。

小節の作り方

小節の作り方はそれほど難しくありません。ここでは、小節になる前の節の述語動詞がbe動詞の場合を考えます。このような場合、小節は、主部+述部をもつ文からbe動詞を省略することで作ることができます。ただし、主部を主格から目的格などに変える必要がある場合があります。

小節への変形
a) I believe [ him a nice man ].
[ He (is) a nice man ] (名詞)

b) I will get [ dinner ready ].
[ Dinner (is) ready ] (形容詞詞)

c) I find [ myself in a hospital ].
[ I (am) in a hospital ] (前置詞句)

d) I heard [ the dog barking ].
[ The dog (was) barking ] (現在分詞)

e) I had [ my tooth pulled out ].
[ My tooth (was) pulled out ] (過去分詞)

どの例文も元は第3文型(SVO)だったものが、第5文型(SVOC)になっています。第5文型(SVOC)の文が作れないときには、まず目的語(O)にthat節をとる第3文型(SVO)の文を考えましょう。それからthat節の中を不定詞句あるいは小節へと変形させてみましょう。

英和・和英見出項目数564万、無料版より120万も多い「英辞郎 on the WEB Pro」がおすすめ

予備知識を確認したので、英文の文法的な誤りを訂正してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました