インフルエンザに気をつけよう! 数学の公式・定理集あります。物理のヒント集もあります。
スポンサーリンク

図形と方程式|2点間の距離と三角形の形状について

数学2 図形と方程式 直線上の点、平面上の点数学II

今回は、2点間の距離と三角形の形状について学習しましょう。平面上の2点間の距離を求めることができるようになると、たとえば座標平面上に図形があったとして、その辺の長さを求めることができるようになります。その結果、図形の形状を調べることができます。

ここでは、三角形の形状について調べたり、特定の三角形になるための条件を考えたりします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

平面上の2点間の距離

平面上にある点の位置は、座標を設定することで特定できます。位置情報である座標を用いることで2点間の距離を求めることができます。これは、数直線上の2点間の距離と三平方の定理を組み合わせて求めています。

平面上の2点間の距離

平面上の2点間の距離①
\begin{align*}
&\text{座標平面上の2点A $(x_{\scriptsize{1}},y_{\scriptsize{1}})$ , B $(x_{\scriptsize{2}},y_{\scriptsize{2}})$ 間の距離ABは} \\[ 5pt ]
&\quad AB=\sqrt{\bigl(x_{\scriptsize{2}}-x_{\scriptsize{1}} \bigr)^{\scriptsize{2}}+\bigl(y_{\scriptsize{2}}-y_{\scriptsize{1}} \bigr)^{\scriptsize{2}}}
\end{align*}

特に、原点との距離は以下の通りです。

平面上の2点間の距離②
\begin{align*}
&\text{座標平面上の2点O $(0,0)$ , B $(x_{\scriptsize{1}},y_{\scriptsize{1}})$ 間の距離OAは} \\[ 5pt ]
&\quad OA=\sqrt{{x_{\scriptsize{1}}}^{\scriptsize{2}}+{y_{\scriptsize{1}}}^{\scriptsize{2}}}
\end{align*}

公式の導出手順などは、前回の記事ですでに学習しています。

図形の形状

図形の形状を知るのに有効なのは、辺の長さや角の大きさを調べることです。ここでは、辺の長さを調べます。

出題される図形として考えられるのは、三角形と四角形です。三角形と四角形の定義については中学で学習します。それぞれの三角形や四角形の定義をしっかりと確認しておきたいところです。

たとえば三角形であれば、3辺の長さを調べます。3辺の長さの関係によっては、特別な三角形になっていることが分かります。

3辺の関係と三角形の形状

  • 3辺が等しい ⇔ 正三角形
  • 2辺が等しい ⇔ 二等辺三角形
  • 三平方の定理が成り立つ ⇔ 直角三角形

なお、形状によっては但し書きが必要になります。たとえば、三角形の形状が二等辺三角形であれば、どの2辺が等しいのか、また、直角三角形ならばどの角が直角なのかを明記します。忘れないようにしましょう。

出題される問題では、三角形の形状は上述のいずれかになっていることがほとんどです。このような問題で3辺の長さを求めます。このとき、2点間の距離を利用して、線分、つまり辺の長さを求めます。

三角形の形状を調べてみよう

例題
\begin{align*}
&\text{次の問に答えよ。} \\[ 5pt ]
&(1) \quad \text{3点 $A(1 \ , \ -1) \ , \ B(4 \ , \ 1) \ , \ C(-1 \ , \ 2)$ を頂点とする} \\[ 5pt ]
&\quad \text{△ABCはどのような三角形か。} \\[ 7pt ]
&(2) \quad \text{$A(1 \ , \ 0) \ , \ B(0 \ , \ 3) \ , \ C(a \ , \ b)$ を頂点とする△ABCが} \\[ 5pt ]
&\quad \text{正三角形となるように、$a \ , \ b$ の値を定めよ。}
\end{align*}

例題(1)の解答・解説

例題(1)
\begin{align*}
&\text{次の問に答えよ。} \\[ 5pt ]
&(1) \quad \text{3点 $A(1 \ , \ -1) \ , \ B(4 \ , \ 1) \ , \ C(-1 \ , \ 2)$ を頂点とする} \\[ 5pt ]
&\quad \text{△ABCはどのような三角形か。}
\end{align*}

△ABCについて、3つの頂点の座標がすべて分かっているので、3辺の長さを求めることができます。3辺の長さを調べます。

例題(1)の解答例①
\begin{align*}
&\quad AB^{\scriptsize{2}}=\bigl(4-1 \bigr)^{\scriptsize{2}}+\bigl\{1-(-1) \bigr\}^{\scriptsize{2}}=13 \\[ 7pt ]
&\quad BC^{\scriptsize{2}}=\bigl(-1-4 \bigr)^{\scriptsize{2}}+\bigl(2-1 \bigr)^{\scriptsize{2}}=26 \\[ 7pt ]
&\quad CA^{\scriptsize{2}}=\bigl\{1-(-1) \bigr\}^{\scriptsize{2}}+\bigl(-1-2 \bigr)^{\scriptsize{2}}=13
\end{align*}

3辺の長さを求めるときは、2乗した値で構いません。根号がないと計算しやすいですが、それだけではありません。三平方の定理が成り立つかどうかの判断をしやすくなります。

3辺の長さを比べて、三角形の形状を特定します。

例題(1)の解答例②
\begin{align*}
&\quad \vdots \\[ 7pt ]
&\quad CA^{\scriptsize{2}}=\bigl\{1-(-1) \bigr\}^{\scriptsize{2}}+\bigl(-1-2 \bigr)^{\scriptsize{2}}=13 \\[ 7pt ]
&\text{よって} \\[ 5pt ]
&\quad AB=CA \ , \ BC^{\scriptsize{2}}=CA^{\scriptsize{2}}+AB^{\scriptsize{2}} \\[ 7pt ]
&\text{したがって、△ABCは $\angle A=90^{\circ}$ の直角二等辺三角形である。}
\end{align*}

3辺の長さの関係を調べるとき、三平方の定理が成り立つかどうかをよく忘れます。それを防ぐには、辺の長さを2乗した形で計算した方が無難です。

3辺の長さは、2乗した値にしておこう。

例題(2)の解答・解説

例題(2)
\begin{align*}
&\text{次の問に答えよ。} \\[ 5pt ]
&(2) \quad \text{$A(1 \ , \ 0) \ , \ B(0 \ , \ 3) \ , \ C(a \ , \ b)$ を頂点とする△ABCが} \\[ 5pt ]
&\quad \text{正三角形となるように、$a \ , \ b$ の値を定めよ。}
\end{align*}

例題(2)では条件があります。この条件を考慮すると、3辺の関係について等式を導くことができるはずです。

例題(2)の解答例①
\begin{align*}
&\text{△ABCが正三角形であるための条件は} \\[ 5pt ]
&\quad AB=BC=CA \\[ 7pt ]
&\text{すなわち} \\[ 5pt ]
&\quad AB^{\scriptsize{2}}=BC^{\scriptsize{2}}=CA^{\scriptsize{2}}
\end{align*}

得られた等式から新たに方程式を導きます。未知の文字は2つあるので、方程式が2つ必要です。

例題(2)の解答例②
\begin{align*}
&\quad \vdots \\[ 7pt ]
&\quad AB^{\scriptsize{2}}=BC^{\scriptsize{2}}=CA^{\scriptsize{2}} \\[ 7pt ]
&\text{$AB^{\scriptsize{2}}=BC^{\scriptsize{2}}$ より} \\[ 5pt ]
&\quad \bigl(0-1 \bigr)^{\scriptsize{2}}+\bigl(3-0 \bigr)^{\scriptsize{2}}=\bigl(a-0 \bigr)^{\scriptsize{2}}+\bigl(b-3 \bigr)^{\scriptsize{2}} \\[ 7pt ]
&\text{よって} \\[ 5pt ]
&\quad a^{\scriptsize{2}}+\bigl(b-3 \bigr)^{\scriptsize{2}}=10 \quad \text{$\cdots$ ①} \\[ 7pt ]
&\text{また、$BC^{\scriptsize{2}}=CA^{\scriptsize{2}}$ より} \\[ 5pt ]
&\quad a^{\scriptsize{2}}+\bigl(b-3 \bigr)^{\scriptsize{2}}=\bigl(a-1 \bigr)^{\scriptsize{2}}+\bigl(b-0 \bigr)^{\scriptsize{2}} \\[ 7pt ]
&\text{よって} \\[ 5pt ]
&\quad a=3b-4 \quad \text{$\cdots$ ②}
\end{align*}

①,②式から連立方程式を解きます。加減法は無理なので、代入法で解きます。

例題(2)の解答例③
\begin{align*}
&\quad \vdots \\[ 7pt ]
&\quad a=3b-4 \quad \text{$\cdots$ ②} \\[ 7pt ]
&\text{②を①に代入すると} \\[ 5pt ]
&\quad \bigl(3b-4 \bigr)^{\scriptsize{2}}+\bigl(b-3 \bigr)^{\scriptsize{2}}=10 \\[ 7pt ]
&\text{これを整理すると} \\[ 5pt ]
&\quad 2b^{\scriptsize{2}}-6b+3=0 \\[ 7pt ]
&\text{よって} \\[ 5pt ]
&\quad b=\frac{3 \pm \sqrt{3}}{2} \\[ 7pt ]
&\text{これと②より} \\[ 5pt ]
&\quad a=3 \cdot \frac{3 \pm \sqrt{3}}{2}-4=\frac{1 \pm 3 \sqrt{3}}{2} \\[ 7pt ]
&\text{したがって} \\[ 5pt ]
&\quad \bigl(a \ , \ b \bigr)=\biggl(\frac{1 \pm 3 \sqrt{3}}{2} \ , \ \frac{3 \pm \sqrt{3}}{2} \biggr) \quad \text{(複合同順)}
\end{align*}

作図すると分かりますが、頂点の位置がすべて決まっていない場合、複数の三角形ができることがあります。例題(2)では、頂点A,Bの位置が決まっているので、辺ABは固定されます。しかし、頂点Cの位置は決まっていません。ですから、辺ABに関して対称に正三角形を2つ作ることができます。

三角形の形状

問題を解く際に作図をすることの利点は、答えを予想できたり、問題の意図をより深く読み取れたりすることです。点Cの位置の候補が複数あることを予想できていれば、例題(2)のように複数でてきても慌てずに済みます。

作図することで情報を増やして、少しでも解答への道筋を立てておこう。

次は、2点間の距離と三角形の形状を扱った問題を実際に解いてみましょう。

スポンサーリンク
Amazon ノート・メモ帳ランキング
楽天市場 学習参考書ランキング
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になる教材があればコチラで探せます。
数学II
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
フォローする
ちょっとど忘れしたときの公式・定理集

数学で覚えるべき公式や定理は、一覧で眺めてみるとそれほど多くはありません。大切なことは覚えることではなく、「公式や定理をどのように使うか」です。

公式・定理集で確認しつつ、演習で積極的に使っていきましょう。

日々是鍛錬 ひびこれたんれん
タイトルとURLをコピーしました