Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/room8810/hibikore-tanren.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
頑張れ!受験生! 数学の公式・定理集あります。物理のヒント集始めました。
スポンサーリンク

2次関数|関数の表し方について

関数の表し方について 数学I

今回は関数の表し方についてです。以前の記事で少し取り上げましたが、もう少し詳しく学習しましょう。高校数学で一般的に使う表し方なので、できるだけ早く慣れましょう。

参考 2次関数|2次関数のグラフの平行移動について

なお、記事の画像が見辛いときはクリックすると拡大できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2つの変数 $x \ , \ y$ の値をセットで扱える表し方がなぜ必要か

関数は2つの変数の関係を表します。2つの変数を扱うので、基本的に式の中には2種類の文字があります。

一般的に、関数の式には2つの文字 $x \ , \ y$ が変数として使われる。

関数の式で表される変数 $x \ , \ y$ の間には、「変数 $x$ の値が決まると、変数 $y$ の値がただ1つに決まる」という関係がありました。ですから、変数 $x \ , \ y$ の値は2つで1つとして扱う必要があります。

また、そんな関係を利用してグラフを描くこともできます。グラフでは2つの変数 $x \ , \ y$ の値の変化が分かるので、グラフを描くことは関数を扱うときにとても有効な作業です。

たとえば以下のような式が、2つの変数 $x \ , \ y$ の関係を表す関数の式です。

\begin{equation*}
y = {x}^{2} +6x +5
\end{equation*}

式から得られる2つの変数 $x \ , \ y$ の値は、セットで扱われます。セットで扱うときは一般に「 $x= \cdots$ のとき $y= \cdots$」という表現で表します。グラフであれば座標で表します。

\begin{align*}
y = &{x}^{2} +6x +5 \text{において} \\[ 5pt ]
x = &-1 \ \text{のとき} \\[ 5pt ]
&y = {\left( -1 \right)}^{2} +6 \cdot \left( -1 \right) +5 = 0 \\[ 5pt ]
x= &-1 \ \text{のとき} \ y= 0
\end{align*}

しかし、2つの変数 $x \ , \ y$ をセットで扱うとはいえ、いつも「 $x= \cdots$ のとき $y= \cdots$ 」という表し方をするのは煩雑になります。

だからと言って、変数 $x$ の値だけ、あるいは変数 $y$ の値だけではほとんど意味がありません。たとえば、$y=0$ だけでは $x$ がどんな値のときに得られるのか分からないからです。

ですから、式だけで変数 $x$ の値とそれに対する変数 $y$ の値とをセットで扱える表し方が必要になってきます。

変数 $y$ の代わりに $f(x)$ を使う

2つの変数 $x \ , \ y$ の値の関係がより分かるように、$y=f(x)$ とおくことがあります。このようにすると、変数 $y$ の代わりに $f(x)$ を使って表すことができます。

$f(x)$ の $f$ は $function$ (関数)の頭文字。 $f(x)$ を使っていれば、式が「変数 $x$ の関数」を表す。

この表し方を使うと、たとえば $x=-1 \ , \ y=0$ であれば、$f(-1)=0$ と表せます。

\begin{align*}
f(x) = &{x}^{2} +6x +5 \text{において} \\[ 5pt ]
x= &-1 \ \text{のとき} \\[ 5pt ]
&f(-1) = {\left( -1 \right)}^{2} +6 \cdot \left( -1 \right) +5 = 0 \\[ 5pt ]
\therefore \ f(-1) &= 0
\end{align*}

この表し方は、対応する2つの変数 $x \ , \ y$ の値を1つの式で表すことができるのが大きな利点です。また、「 $x= \cdots$ のとき $y= \cdots$ 」という表し方よりも直接的で分かりやすくなります。慣れると、この表し方が手軽で、記述でも楽なのが分かってきます。
関数の表し方

$y$ を使わずに $f(x)$ を使った表記が多くなるので、できるだけ早く慣れておこう。

$f(x)$ を実際に使ってみよう

次の問題を解いてみましょう。
f(x)を使ってみよう

解答・解説

変数 $y$ の代わりに $f(x)$ を使っています。たとえば $f(4)$ は、$x=4$ のときの $y$ の値を表します。

式に代入する変数 $x$ の値は、$f(x)$ のカッコの中の数。

右辺の式に $x=4$ を代入すると、$x=4$ のときの $y$ の値、すなわち $f(4)$ の値を求めることができます。他も同様です。

\begin{align*}
f(x) = &3x-1 \text{において} \\[ 5pt ]
x= &4 \ \text{のとき} \\[ 5pt ]
&f(4) = 3 \times 4 -1\\[ 10pt ]
x= &-2 \ \text{のとき} \\[ 5pt ]
&f(-2) = 3 \times \left( -2 \right) -1 \\[ 10pt ]
x= &-2 \ \text{のとき} \\[ 5pt ]
&f \left( – \frac{1}{2} \right) = 3 \times \left( – \frac{1}{2} \right) -1
\end{align*}

このように $f(x)$ を使うことによって、「 $x=4$ のとき、$y=11$ 」という表し方が「 $f(4)=11$ 」という式だけで済んでしまいます。とても便利な表し方なので、どんどん使っていきましょう。

解答例は以下のようになります。
f(x)を使ってみようの答え

Recommended books

関数を上手に扱えるようになると、高校での数学はとてもラクになると思います。中学でも関数を扱いましたが、方程式や不等式との関係までは学習していません。

関数単体でなら何とかなっていても、方程式や不等式との関係性を理解しないと、高校では厳しくなります。逆に関係性が掴めれば、今までの苦労が何だったのかと思えるようになるでしょう。

関数は、たとえば物理の直線運動でも $v-t$ グラフなどで登場するので、ぜひとも攻略しておきたい単元です。

そこで紹介するのは、おもしろいほどよくわかる高校数学 関数編 2次方程式、指数・対数・三角関数がスラスラ解ける! (サイエンス・アイ新書)です。図解してあるので、関数に苦手意識がある人でも読みやすいでしょう。

高校数学で学ぶ2次関数・指数関数・対数関数・三角関数について、その関数が生まれた身近な現象から説明し、それぞれの関数の性質を考える過程に多くのページを割きました。

書籍の紹介にもあるように、身近な現象を例に挙げて話が進むので、イメージしやすいかと思います。興味のある人は一読してみてはいかがでしょうか。

さいごに、もう一度、頭の中を整理しよう

  • 変数 $y$ の代わりに $f(x)$ を使うことがある。
  • $f(x)$ を使うと、2つの変数 $x \ , \ y$ の値を1つの式で扱える。
  • 「 $f(4)=11$ 」は「 $x=4$ のとき、$y=11$ 」の意味。
スポンサーリンク
Amazon ノート・メモ帳ランキング
楽天市場 学習参考書ランキング
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になる教材があればコチラで探せます。
数学I
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
フォローする
スポンサーリンク
ちょっとど忘れしたときの公式・定理集

数学で覚えるべき公式や定理は、一覧で眺めてみるとそれほど多くはありません。大切なことは覚えることではなく、「公式や定理をどのように使うか」です。

公式・定理集で確認しつつ、演習で積極的に使っていきましょう。

日々是鍛錬 ひびこれたんれん
kiri

このサイトでは、できるだけ図や表を使い、丁寧な過程を記述することを心掛けながら解説しています。このサイトの記事が、苦手意識や壁を取り除くきっかけになれば幸いです。

中学生の先取り学習や高校生の受験対策、社会人の学び直しなどに役立てて下さいませ。

フォローする
タイトルとURLをコピーしました