インフルエンザに気をつけよう! 数学の公式・定理集あります。物理のヒント集もあります。

物理の要点

物理の要点アイキャッチ

物理の用語や公式を分野別にまとめました。物理基礎にも対応しています。

基本的な用語や公式だけなのでこれですべてではありませんが、各分野で学習したことを大まかに確認することはできるでしょう。

スポンサーリンク

物理の分野一覧

力と運動①

  1. 物体の運動
  2. 力のつり合い
  3. 運動の法則
力と運動②

  1. 仕事と力学的エネルギー
  2. 運動量と力積
  3. 慣性力
力と運動③

  1. 円運動
  2. 単振動
  3. 万有引力
熱と気体

  1. 熱とエネルギー
  2. 気体の変化

  1. 波の性質
  2. 音波
  3. 光波
電気と磁気

  1. 静電気
  2. 直流回路
  3. 電気と磁気
  4. 電磁誘導と交流
原子と原子核

  1. 粒子性と波動性
  2. 原子の構造

物理・物理基礎のオススメ本

オススメその1-『宇宙一わかりやすい高校物理(力学・波動)

物理入門者や、物理を苦手にしている人に導入書としておすすめです。教科書が学習の中心であるべきですが、どうしても教科書で理解できない箇所が出てきたら本書で補完すると良いでしょう。イラストが豊富なので独学でも使えます。

分冊の『宇宙一わかりやすい高校物理(電磁気・熱・原子)』もあります。

オススメその2-『秘伝の物理講義[力学・波動]

YouTubeで完全公開されている講義を再現したのが本冊です。また、別冊の「動画テキスト兼ポイント集」で物理の「わからない」を解決できます。公開模試、学校平均点全国No.1を取らせた実力派教師の講義は一読の価値あり。独学にも向き、標準以上も対応可能です。

分冊の『秘伝の物理講義[電磁気・熱・原子]』もあります。

オススメその3-『物理教室 (河合塾シリーズ)

所有していますが、これ1冊で基礎から応用まで十分対応できます。理系志望者は一読してほしい本書。

物理の内容が分野ごとに章立てされており、各分野ごとに筋道を通した理解ができます。網羅性が高いのは当然ですが、「物理的な見方や考え方」が自然に身につくように丁寧に解説されています。

また、入試を意識して問題を多く扱っているのも特徴で、問題集代わりにも使えます。基礎を身に着けたい人は参考書として、応用力を養いたい人は問題集として、実力に応じて使いこなせる構成になっています。

タイトルとURLをコピーしました